【ミドルの転職】

転職サイト20社に登録してみた結果。
本当に使える転職エージェント3選

READ MORE

【コロナでできた自由時間を使って「掃除」をしよう】便利な掃除アイテム3選

人生を楽しむ方法

・コロナで時間を持て余している。
・でも何をやればいいのかわからない。

そんな多くの方々へ、今やれることやるべきことについてまとめてみました。

この記事を読むことで、単にコロナが収束するのを、家でおびえながら待つのではなく、有効に時間を使う方法がわかります。

この記事では、「掃除」について効果的なアイテムとともにそのコツをご紹介します!

部屋も気持ちもスッキリしますよ!

スポンサーリンク

コロナ下でできること:掃除

家にいる時間が多いですよね・・・。

拠点となる家がきれいになっていると、身も心もスッキリします。

この際に、家の中の清掃と断捨離をおススメします!

掃除をすると必然的に体を動かすことになり、いい運動にもなりますよ!

まずは、清掃&断捨離をしましょう!

掃除をする際のコツ 5つ

アイテムを紹介する前に、「掃除のコツ5つ」について書いておきますね。

①無理しすぎない
②場所を決めてやる
③日中にやる
④天気の良い日にやる
⑤ツールを最大限活用する

 

①無理しすぎない

→一気にすべて掃除しようとせず、無理のない範囲でちょっとずつやるようにする。

そうしないと気合が入った1日だけ掃除して、そのあとはやらなくなります(笑)

何事も無理は禁物。

やれる範囲でやりましょう。

②場所を決めてやる

→一気に部屋のすべてをやろうとせず、「今日はこの部屋」とか「今日はこの棚」といった具合に、場所を決めて取り掛かる。

そこの掃除が終了したら、次はどこをやるかを決める。

そのほうが1か所あたり、数時間で整理整頓から掃除まで完結できるので、達成感がある。

それが続くコツです。

③日中にやる

→なるべく昼間にやる。

昼間だと脳内も肉体も活性化されていて、ポジティブ、アクティブな気持ちのため、たとえ同じ一時間でも、集中力と達成度合いが違ってきます。

夜だとどうしてもその日1日の疲れがあるので、掃除が中途半端になったり、途中で投げ出すことになります。

なので、日中帯、できれば午前中にとりかかりましょう。

④天気の良い日にやる

→天気がいい日にやる。

そして、カーテン、窓を開放してやること。

掃除はどうしてもホコリが舞います。

空気の循環を良くする。

そして、カーテン、窓を開放することで、気持ちの良い日差しと新鮮な空気を取り込めます。

掃除をしていくうちに、たとえば布団を一時的にどこかに退避させたい、など思うはず。

その時に天気の良い、日中帯であれば、一時的にベランダに退避させることができ、掃除の効率化につながりますよ。

⑤ツールを最大限活用する

掃除は、意外と疲れます。

掃除を効率化してくれる、そして効果も最大化してくれるアイテムをフル活用しましょう。

一昔前のような、バケツとぞうきんとほうきとちり取り、というアイテムではなく、ツールをフル活用すべき。

のちほど紹介しますね。

掃除 おすすめのアイテム 3選

私は結構きれい好きなほうなので、これまで掃除に色々なアイテムを購入し、試してきました。

そのときに特に有効で、今も使っているアイテムを3つに厳選して、ご紹介します!

コロナを契機に、掃除の習慣をつけちゃいましょう!

おすすめアイテム①:ダイソン 掃除機 コードレス

掃除機をかけるのが楽しくなる。

コードレスなのに、吸引力が抜群です。

ゴミ出しも本当に簡単です。

注意点としては、一回の充電で15~20分程度のモチという点。

とはいえ、私は、これだけもてば掃除機としては十分ですね。

もしそれ以上を求める場合は、上位モデルをおススメします。

ただし、初めてダイソンの掃除機を買うという人は、上記のオンライン限定モデルをおススメします。

ダイソンの掃除機の中で一番安いですが、まずはこれで十分です。

おすすめアイテム②:ブラーバ  床拭きロボット

掃除機でごみを吸い取ったあとは拭き掃除ですよね。

そこでおすすめなのが、このブラーバです。

私は約2年前に購入しましたが、愛用しています。

ブラーバ 380j を愛用していますが、ちょっと高いな・・・とお感じであれば、まずは以下のモデルでも良いと思います。

何が違うのか?

2点、大きな違いがある。

1つは、一度に清掃できる面積が違います

水拭きモードだと、380jは「20畳」なのに対して、240は「12畳」。

でも12畳でも十分ですよね?

2つ目は、水拭きの方法が違います

380jはあらかじめ、濡れたぞうきんのようなものをセットして、拭いてくれる。

一方、240は、汚れがあるところに水を吹きかけてから拭き掃除してくれる。

380jのようなあらかじめぞうきんを濡らしてやるモデルは、拭いている途中でぞうきんが乾いてしまい、からぶきになってしまうことが懸念材料でしょうか。

まあ、私の場合はそんなに部屋は広くないので、問題ないですが。

私が買った2年前には、この240モデルは発売前だったので、買えませんでしたが、いままた買うとすれば240モデルでも良いかも。

価格が1万円ほど安いですしね(笑)

どのモデルでもブラーバは音も静かだし、黙々と拭き掃除してくれますので、かなりおすすめです。

おすすめアイテム③:3M製 ハンディブラシ

水回りを清掃する際の必須アイテムは、この3M製のブラシですね。

ブラシ 柄付 ハンディS スコッチブライトです。

お風呂掃除だけではなく、洗面所やキッチンでも私は重宝しています。

隅々までブラシ先が届くし、よく汚れが落ちます。

それまでは100円ショップのブラシを使ってましたが、雲泥の差でした。

ブラシ先がきめ細かいんですね。

おすすめです。

コロナでできた時間を有効活用する:掃除 まとめ

これまで言ってきたことをまとめると、

掃除のコツ5つとしては、

①無理しすぎない
②場所を決めてやる
③日中にやる
④天気の良い日にやる
⑤ツールを最大限活用する

そして、掃除に本当に使えるアイテム3つとしては、

①掃き掃除:ダイソン 掃除機 コードレス
②拭き掃除:ブラーバ  床拭きロボット
③水回り :3M製 ハンディブラシ

ですね!

本当にこの3つのアイテムを活用すると、掃除がだいぶ楽になります。

というか何か楽しくなりますよ!

ぜひお試しあれ。

そして、掃除をして色々と不要なものがでてきたら、捨てる前に「売る」ことも検討してみてください!

記事にしましたので、良かったらこちらもどうぞ!

【不用品を売って稼ぐ】高価買取してくれる専門サイトまとめ 7選
・ブックオフで売ると、かなり少額査定されてしまうのでかなしい ・不用品を売るとき、一番高額で買取してくれるサイトを知りたい そんな悩みにお答えします。 この記事を読むことで、家にある不用品の...

では、コロナのせいでできた時間を、良い機会と捉え、掃除をして有効活用しましょうね。