【ミドルの転職】

転職サイト20社に登録してみた結果。
本当に使える転職エージェント3選

READ MORE

40代ではじめて転職するときに気をつけておきたいこと【メリットデメリット含め解説します】

転職

今回は、

・40歳になって、残りの人生も今の会社のままでよいのか漠然と不安を抱えている人
・最近の転職ブームもあって、自分も転職を考えたいけど、そもそも転職できるのか不安な人
・40代で初めて転職活動する場合の気を付けなければいけないことは何なのか知りたい
こういった悩みに対してお答えします。

私自身も40歳ではじめて転職し、失敗と成功を経験しているので、経験を踏まえた話をしますね。

この記事を読むことで、以下を把握することができます。

・40代でも転職できる可能性についてわかる
・40代ではじめて転職することのメリット、デメリットがわかる
・40代で転職活動する際に気を付けないといけないポイントがわかる
スポンサーリンク

40代の転職 はじめに

みなさんは今、何歳ですか?

私は40代前半なので大学3,4年で就職活動していたときはちょうど就職氷河期のタイミングでした。。。。

なので、周りも含めて苦労していたと思います。

スタンスとしては、「何とかしてどこかの企業に就職させてもらう」という感じでしたよね。

なので、そういった感じでやっと入社できた会社ですから忠誠心も高い。

当時、仮に転職したいと思っても大きなハードルがあるように思って、何とか我慢して、新卒入社した会社にずっと在籍して今に至る人たちも多いと思います。

気づけば20年近く、ずっと同じ会社にいることになりますよね。。。

で、最近の転職ブーム。

皆さんが仮に今40歳前後だとすれば、タイミング的に社会人人生の折り返し地点にきて、

・このまま今の会社のまま定年を迎えていいのだろうか
・今の会社にずっと居続けることができるだろうか

という漠然とした不安を抱える時期だと思います。

私もそうでしたので、お気持ちはよくわかります。

私の場合は、そこで一歩踏み出し、行動に移し、実際に転職してみました

その辺の経験談も入れながらお話ししたいと思います。

40代 転職経験ゼロで、転職できるのか

「40代 転職経験ゼロで、転職できるのか」と不安に思っている方は多いのではないでしょうか。

結論は、「転職できます」。

一般的に、同じ会社に20年以上いる場合は、転職に不利だといわれることがあります。

確かに、1つ会社の環境、文化、人種の中でずっと育った人が、仮に別の会社に入った場合、最初の会社の在籍期間が長ければ長いほど、戸惑いを感じる可能性は高いですよね。

だって、これまで当たり前だったことがガラッと変わるわけですから。

転職してわかったことは、会社が変わると、出会う人が変わるのはもちろんですが、文化や環境も見事に異なります

同じ日本の会社でも。面白いもんです。

なので、1社目が長ければ長いほど、新しい会社に適応するのに戸惑うはず。

採用する会社側からすれば、適応するのに時間がかかったり、適応できないで退社されることがリスクとなるので、
結果的に40代で初めての転職する人を採用する場合は慎重になるわけです。

でも、最近の人手不足により、40代でも多くの求人があります。

我々にとってはチャンスなんです。

ただし、1点だけ気を付けるべき点があります。

採用する人事から見るポイントは「この人は、新しい会社に適応できそうか」ということ。

ここさえクリアされれば、転職できます。

なぜなら、20年間1つの会社で働いてきたということは、周りとの協調性があり継続性があり、忠誠心もあり専門性も高い、と評価されるからです。

確かに、飽きっぽい性格や責任感が無い人は、20年も1つの会社で働けないですよね。

なので、人事側は面接を通して、新たな環境への適応能力があるのか、その1点をコミュニケーション力や新たなことへのチャレンジするマインドがあるか、などから判断しています。

ここさえ、クリアになれば40代で初めての転職であっても、十分に転職できます!

私が40代ではじめて転職した理由

みなさんはそもそもなぜこの年で転職しようと思いましたか?

私の場合は、以下の通りですね。

・やりたいこと、やれることはおおむね経験し、この会社で次にやりたいことが見つからなかった
・純粋に、ずっと同じ会社にいることが飽きてきた
・20年以上同じ会社にいた人は転職が不利になると聞いていたので転職しておかないと、先々、苦労すると思った
・今後は転職が当たり前の時代が来ると思ったので、今のうちに経験したいと思った
・このまま同じ会社にいても年収が上がる気がしなかった
・会社自体の明るい未来が見えなかったので、不安だった

 

私は欲張りなので(笑)、「人生1度きりなんだから、いずれ違う会社も経験してみたいよね」ていう気持ちは30代前半からありましたね。

でもなかなか踏み切れず、10年くらい経って、やっと行動に移せた感じです。

ただ、新卒入社の会社で愛着もありましたし、それなりに評価もされ続けていたので、周りからすれば「なんで転職するの?もったいない」とか「大企業で福利厚生もいいほうなのに敢えて転職するなんて、頭おかしい」と色々と言われました。。。

確かに転職してみて、そういった後ろ髪を引かれる感じや「最初の会社のほうが良かったかな」など思うときはありました。

でも今思えば、「もったいない」とか「頭おかしい」とか「考え直してみたら」とか言っていた人たちは、自分自身を肯定したかったんだろうなって思います。

自分たちの選択が一番正しい、って思いたいですから。

そんな狭い、価値観が似通っている世界から、脱却できたことも、転職の1つのメリットかもしれません(笑)

40代で、はじめて転職することのメリット、デメリット

40代ではじめて転職することは、メリットだけではないです。

もちろんデメリットもあります。

まずはデメリットからお話ししますね。

40代で、はじめて転職することのデメリット

デメリット①:失うものも大きい

というのは、40代まで同じ会社で、それなりに積み重ねてきた社内人脈や、その会社内の常識をいったん捨てることになるからです。

在籍期間が長ければ長いほど、積み重ねてきたものが多いと思うので、まあ仕方ないですけど。

 

デメリット②:再チャレンジが難しい

仮に初めての転職先がフィットしなかった場合、数年後、再転職するとなると歳を取っている分、条件面が悪くなったりするデメリットですね。

転職というのはパワーもいりますし。

これが30代前半であれば、再チャレンジも容易と思いますが、そうもいかないということです。

 

デメリット③:慎重になりすぎる

40代にもなると、家族ができて守るべきものが増えていますよね。

あとは住宅ローンを抱えている。

万が一、転職に失敗し路頭に迷うことになると、一家の大黒柱として全うできなくなり、家族に心配をかける、迷惑をかけるのではないか、という心配です。

これによって、慎重になりすぎて、転職するとしてもリスクを取って好条件の転職先を選択せず、結局同じような会社を選択してしまう。

これにより、結局、最初の会社にいたほうがよかったのでは無いか、と後悔するパターンです。

 

ということで、40代で初めての転職におけるデメリット3つ書きましたが、経験者の私としてはそれを上回るメリットがあると感じています

次にメリットについて記載します。

40代で、はじめて転職することのメリット

メリット①:純粋に新たな世界を知れる

人生一度きりと考えると、1社しか知らない人生より、はるかに世界は広がります

出てみてわかったのは、「これまで自分が身を置いた環境はいかに狭かったか」ということですね。

そこにいるうちは、そんなこと感じたこともなかったですが、世界は広い(笑)

いろんな会社がありいろんな人がいる。

それまでの自分は、無意識的に同じ会社の同じような人種の、馬が合う人ばかりと付き合っていたんだな、と今は実感してます。

そうなると同じような発想の人ばかりとつるんでいるので、新たな視点を得ることもなく、気づいた時には、その会社内でしか通じない、評価されない人間になっていたはずです。

 

メリット②:マンネリ化からの脱却

転職すると、全てが新鮮で、チャレンジせざるを得ない環境になります。

これまでの心地よいぬるま湯から一歩出て、出会う人、接する情報、覚えなければならないこと、全てが新しい。

なので、チャレンジあるのみですね。

マンネリから脱却し、新しい経験や知識を得られる、と前向きに捉えると、メリットとなります。

逆に言うと、そういった向上心があまり無いのであれば、現在の会社に居座ることも1つの選択肢として持っておいてください。

メリット③:転職へのハードルが下がる

1回転職した人はわかると思いますが、2回目以降の転職へのハードルがすごく低くなります

初めての転職時には、慎重になりすぎるくらい慎重に判断して、転職するのですが、転職してみると、「何だこんな感じか」とわかるので、ステップアップのために再度転職したいと思った時には、意外に簡単に判断できるようになります

今いる会社がどうなるかわからないし、やりたいことをやり続けられるとも限らない。

そんなときにフットワーク軽く、また転職できる能力が身に付くという意味でメリットです。

 

④オンリーワン人材として好条件で迎えられる

40代ともなるとそれなりの社会人経験を有しているので、何らかの専門性が高いと認識されます

まあ、その専門性を買われて入社できるわけですが。

前の会社では当たり前に、そういった知識を持っていた人は周りにゴロゴロいたので、自分だけがその専門性を有しているとは意識できなかったと思いますが、別の会社に行くと、オンリーワンになれる

仮に、これが20代や30代前半の人だと、やってきた年数や経験値が少ないので、専門性が高いとは認識されない。

それだけ年収面や条件面で差がつきます。

40代で転職活動する際に、気をつけたいポイント3つ

最後に、40代ではじめて転職する際に気を付けたいポイントを3つお伝えします。

ポイント①:家族からの理解を得る

世帯を共にする人がいる場合、転職への理解を得ながら活動を進めてください。

転職活動時や転職直後は、どうしても精神的に不安定になったり、余裕がなくなっているはずです。

そうなると、周りにも一定の理解をしてもらいながら、サポートしてもらう必要があります。

なので、転職活動のスタート時点で、話し合う時間をもって、自分が考えていることを理解してもらってください

 

ポイント②:焦らずじっくり転職活動をする

いったん始めると、転職エージェントからも積極的に転職を促されると思います。

それはそれで良いのですが、例えば他社との比較もあまりせずに、最初に内定をもらった会社に決める、という拙速な判断はしないでください。

もちろん、ダラダラとやってもしょうがないので、まずは三か月くらいかけて、結論を出すというくらいの時間軸でよいと思います。

ポイント③:新たな環境への適応能力をアピール

採用する側の人事としては、「ずっと1つの会社にいるので、仮に転職してきてもらったとして、新たな環境へ適応できるのかを見極めたい」と思っています。

なので、チャレンジマインド(向上心)を持っていること、コミュニケーションスキルを有していることをアピールしましょう。

同じ会社にはずっと在籍していたけど、その中で色々な部署異動を経験し、そこでも結果を出せていた、などは新たな環境への適応能力を証明する良いトークになります

40代ではじめての転職 まとめ

定期昇給、年功序列、終身雇用が崩れていて、今40代の世代以下はその恩恵を受けられず、これからの社会人人生に不安を抱えていると思います。

それに拍車をかけて、年金問題。

まだまだ稼ぎ続けなければならないけど、会社にずっといれるかもわからない。

会社自体もずっと安定しているかわからず、あるとき無くなるかもしれない。

そんな時代なので、フットワーク軽く、何歳になっても新たな会社に行けるような人材になっているべきです。

転職は1つの手段ですが、身に付けておくべき手段と思います。

人生のどこかのフェーズで経験することになるのであれば、能動的に自分で判断したいものですね。

会社の業績やリストラのタイミングで慌ててやるのではなく、自分の意志で、自分のタイミングで行動に移す

 

40代になってしまったから、今さら別の会社になんていけない、行けるはずがない、行っても今より条件面で良くなるとは思えない。

=>「×」そうではありません。

実際に転職してみた私は、断言できますし、年収もアップしました。やりがいも持てています。

それに私だけではなく、違う会社に転職した周りの人たちもそう。

これまでのぬるま湯から脱却し、チャレンジしながら、前向きに生き生きしてますよ。

何よりも、今後、不測の事態に陥った時に、この経験が生きてきて、前向きに柔軟に対応できる能力がついたとおもいます。

みなさんも、一度きりの人生、何歳になっても、歳のせいにせず、色々なことにチャレンジしてみてください

それによって、新たな世界が見え、新たな経験ができます。

転職はあくまで人生を豊かにする、1つの手段。

具体的な転職の始め方は以下を参考にしてください。

【ミドルの転職】転職サイト20社に登録してみた結果。使えるエージェント ベスト3
突然ですが、皆さんはいま何歳ですか? 私は30代後半から転職をしたいと考え始め、40歳で初めての転職をしました。 いわゆるミドルでの転職ですね。 初めての転職としては遅いかなと不安でしたが、...

今を生きる。
ともに楽しんでチャレンジし続けましょうー!