【ミドルの転職】

転職サイト20社に登録してみた結果。
本当に使える転職エージェント3選

READ MORE

初めてのキッザニア 前日までにやるべき3つのこと【これで当日最大限に楽しめます!】

キッザニア

 

・キッザニアに初めて行くけど、何をどうすればよいかわからない

・手続きに漏れがないか心配

そんな疑問を持っている方々へ、この記事を書きますね!

この記事を読むことで、初めてキッザニアに行くときにどのように手続きすればよいかわかります

安心して当日を迎えることができます。

 

私には小学生(今年3年生)の娘がいます。

キッザニアが大好きで、10回以上は行っていると思います。

なので、事前に何をどうすれば子供が最大限楽しめるのか、その経験を踏まえ、お伝えしますね!

スポンサーリンク

①行く日程を決める

まずは、日程を決めて予約をしましょう。

キッザニアは2部制になっています。

入れ替え制ですね。

第1部が6時間、第2部が5時間です。

平日の第1部は比較的すいている、第2部や休日は1部、2部共に混んでいるイメージです。

もちろん、夏休みなどの時期は平日、休日問わず混んでいます。

小学生にもなると平日の昼間に休暇を取ることは、なかなか難しいでしょうから、行けるタイミングで予約するのが良いと思います。

詳細の曜日別、時間帯別の分析は別記事に記載していますので、興味あればのぞいてみてください。

で、だいたい1週間から2週間前には日程を決めたいところです。

それ以降になると、場合によっては満員になるケースもあるのでご注意ください。

 

②あらかじめネット予約をする

日程が決まったら、サイト経由で予約しましょう。

電話予約もできるようですが、当日支払いの手間や予約した確証がないことも含め、リスクが大きいです。

ネット予約だと決済後にメールが届き、それが確かに予約したことの確証にもなります。

当日はそのメールに記載のQRコードでスムーズな入場が可能になります。

当日のトラブルを避けるためにも、無難にネット予約しましょう。

ちなみに変更やキャンセルの条件も載せておきますね。

前日までであれば、多少の手数料のみでキャンセル可能です。

また、人数追加であれば手数料無料です。

自分たちの予約を先にしてしまってから、あとで友達を誘ってみるのもありですね!

 

③どのアクティビティを優先的にやってみたいか子供と会話しておく

旅行と同じで、行く前に色々と具体的に計画を立てることも楽しみの一つですよね!

ぜひ、子供と会話を楽しみましょう。

キッザニア東京も甲子園もどちらも約90のアクティビティが用意されています!

アルバイトや乗り物系を含めれば約100のアクティビティがあります。

不定期にアクティビティの入れ替えがされますので、最新のアクティビティについては、下記を参照してください。

キッザニア東京の最新シティマップはこちら↓

シティマップ | キッザニア

キッザニア甲子園の最新シティマップはこちら↓

301 Moved Permanently

できればダウンロードし、コンビニなどで印刷したうえで、ワイワイがやがや子供たちと会話してください。

ただ、この地図だけでは文字だけなので、特に小学校低学年以下の子どもたちにはイメージがわきにくいです。。。

そのときは以下の本などを参考にしてみてください。

ちなみに、キッザニア系の本は、書店にはなかなか置いてありません・・・。

事実、近所の書店4店舗をまわりましたが、どこにも置いてませんでした(歩き疲れただけでした・・・)。

なので、ネットで買うことをおススメします。

キッザニア東京のおススメ本はこちら

キッザニア甲子園のおススメ本はこちら

前日までに、子供がやりたいと思っている仕事は何か、それらの中での優先順位はどうか。
これを前日までにやっておくことが、当日、臨機応変にスケジューリングする際にかなり役に立ちますよ!

まとめ

あらためて、初めてのキッザニア 前日までにやるべき3つのこととしては以下のとおり。
①行く日程を決める(1~2週間前)
②あらかじめネット予約をする
③どのアクティビティを優先的にやってみたいか子供と会話しておく
いつも思うことですが、子供にとっては我々大人が思う以上に、仕事体験は楽しいようです。

我が娘は、行く1週間くらい前から、ことあるごとにキッザニアの話をしてきます。

行く前からすでに興奮状態。

あるときは、興奮しすぎてか当日熱が出てしまい、泣く泣くキャンセルしたこともあります。

本人は本当に悔しかったようで、ギャン泣きしてました(笑)

10回以上行っても子供たちは飽きないようです。

子供のころからの仕事体験は、教育上もよいと言われているので、ぜひ子供たちにもやらせてあげてください!

帰宅後に興奮しながら、経験した仕事の話を聞かせてくれる子供たち。

成長した姿に大人も笑顔になりますよ。