【ミドルの転職】

転職サイト20社に登録してみた結果。
本当に使える転職エージェント3選

READ MORE

20代の社会人へ 仕事への向き合いかた【年代別に解説します】

転職

今の仕事と、どう向き合っていけばよいのかわからない・・・

この記事では、そんな疑問にお答えします。

この記事を読むことで、今後、どのように仕事に向き合っていけばよいか、頭の中で整理ができ、明日から前向きに過ごすことができます。

ちなみに私は社会人になってちょうど20年になります。

その間、大企業や中小企業、国内大手から外資系まで一通り経験しました。

また、海外事業に携わったり、休職して大学院に通うなど、海外で働く人々の仕事への向き合い方もたくさん見てきました。

そういった経験を踏まえ、考え方や行動を変えていった結果、今の私は日々前向きに、楽しく仕事ができています。

日々、わくわくしていますよ。

最近、働き方改革とか副業とか騒がれていますが、本業の仕事に対しての向き合い方について、私の経験を踏まえて解説します。

いま30代のかたはコチラから↓

30代の社会人へ 仕事への向き合いかた【年代別に解説します】
30代になり、今後どのように仕事に向き合っていけばよいのだろう。 この記事では、そんな疑問にお答えします。 この記事を読むことで、今後、どのように仕事に向き合っていけばよいか、頭の中で整理ができ、...
スポンサーリンク

なぜ仕事をするのか

そもそもなぜ仕事をするんでしょうか。

みなさんは考えたことがありますか。

当たり前のように高校を卒業して当たり前のように大学に入り、当たり前のように就職活動をして、当たり前のように会社に入り、仕事を始める。

そして今に至る。

そんな感じですよね?

なので、「そもそもなぜ仕事をするのか」を今一度考えてみましょう。

多くの人の考え方は以下の通りです。

生きていくためにはお金が必要。

お金を得るためには仕事をする必要。

だから仕事をしてるんですよね?

生きていく→お金が必要→仕事をする必要がある

生きる、生きたいというのが人間の望みだとすると、生き続けるためには衣食住の確保が必要。

それらを確保するためには、お金が必要、ということです。

 

まとめると、これまで書いたように「そもそもなぜ仕事をするのか」という問いに対しては、「生きていくため、生活するため=お金のため」という結論になります。

異論は色々とあると思いますが、第一は「お金のため」ということです。

ということで、生きていくためには仕事を続ける必要があるということ。

ではこれからも「お金のためだけ」に、仕事をしていかなければならないのでしょうか。

そんな人生つまんなくないですか?

ということでどうせ仕事をしなければならないのなら、「お金のため」だけではない、プラスアルファの仕事への向き合い方を意識して行動し、人生を楽しむべきです。

今回は20代での仕事への向き合い方を解説します。

20代での仕事への向き合い方

20代での仕事への向き合い方としてのベストな結論は、

①思いっきり仕事に浸かってみる
②少しでも興味があればやってみる
③プライベートでも色々と行動してみる

ですね。順番に解説します。

①思いっきり仕事に浸かってみる

20代は自由な時間があります。

拘束される時間が他の年代より少ない。

一般的に皆さん、独身ですよね。

例えば9:00-17:00で定時で上がり、まっすぐ家に帰ってゴロゴロテレビを観て、寝るような毎日を繰り返すぐらいなら、思いっきり仕事に浸かってみることをおススメします。

なぜなら、そのほうが社会人としての成長度合いが高く、早く成長できるからです。

ある程度の残業もしたほうがよい。

絶対的な時間が多ければ、それだけやれる仕事の量は増えるし、考える時間も増える。

ある程度、会社に遅くまで残り、調べ物をしたり、他部署の人とコミュニケーションや飲みニケーションを取ったほうが、絶対にいい。

家でごろごろしてるくらいならなおさら。

私は図らずも、多くの顧客を若いうちから任された関係で、仕方なく思いっきり仕事に浸かる日々を過ごしました。

でもあとでわかったことですが、周りの同期連中と比較してみると成長曲線の度合いが急カーブで、人よりも早く成長できた実感がありました。

もちろん周りからのよい評価ももらいました。

それにより、新たなチャンスを早く与えられるようになりました。

最近はワークライフバランスや働き方改革で、そこまで仕事をすることがしづらい環境かもしれませんが、できる範囲で意識して、思いっきり仕事に浸かってみてください

そうすることで、早く成長でき、新たなチャンスが舞い込んでくるので、その後の5年、10年の社会人人生が面白いものになっていきます。

そうすることで、「結果的に」お金も舞い込んできますよ!

「結果的に」、収入アップにもつながります。

②少しでも興味があればやってみる

20代では、どんどん色んな事にチャレンジすべきです。

少しでも興味を持ったら、上司に言ってやらせてもらうべきです。

なぜなら、20代には時間があるし、いい意味で他人からは期待もされていないので、どんどん失敗できるからです。

チャレンジするということはそれだけ失敗する絶対数も増える。

まあ、考えてみれば当たり前ですよね。

打席に立つ回数が増えるので、その分、三振する回数も増えます。

でもそれで良いんです。

三振を怖がって打席に立たないことより、打席に立って、色んな投手の色んな球種を体感したほうが、その後の人生によい影響を及ぼします。

そして、20代はホームランを打つ必要がないんです。

そもそも期待されていない。

そんな良い時期は、20代を逃すと、もう無いですよ!

だから、少しでも興味があれば何でもやってみる。

そしてその仕事に飽きたら、もしくはそこから得られるものが少なくなってきたら、新たな仕事や顧客、業務に立候補してチャレンジしてみる。

この考え方と行動力が非常に大事です。

どんどんやる仕事の内容を変えていきましょう

20代で無理に転職する必要は無いです。

今の会社内に、やったことのない仕事や興味のある仕事がゴロゴロ転がってますよね。

まずはそれらにチャレンジしましょう。

目安としては、1つの仕事・業務には2年くらいですね。

同じ仕事が3年目に入ると楽にこなすことができるようになりますが、その分、新たに得られる知見や経験が少なくなります。

そこは貪欲に、次の業務にチャレンジしていきましょう。

周りが結果を期待していない20代だからこそ、様々な業務にチャレンジし、経験値をためるべきです。

それがその後の社会人人生に必ずプラスに寄与します。

③プライベートでも色々と行動してみる

20代での仕事の向き合い方のポイントの最後は、「プライベートでも色々と行動に移せ」ということです。

20代はまだ独身だと仮定すると、仕事以外に自由に使える時間もある。

そしてある程度のお金もある。

今後、歳をとるにつれそんな時間が徐々に無くなっていきます。

なので、家に閉じこもって、節約したりゴロゴロしたりするのではなく、会社外の人たちと交流を持って、新たな視点を身に付けるべきです。

それは恋愛でも良いし、趣味仲間でも良い。

会社以外の人たちと交流を持つことで、本業の仕事に間接的に役立つことが多いからです。

例えば合コンでも、「初対面の人とどうすれば短時間で打ち解けることができるか」。

「合コンに参加してくれたみんなに楽しんで帰ってもらうためにはどうしたらよいか」など色々と考え、行動していくことが、間接的に仕事にもいい影響を与えます。

人と接する、人と信頼関係を構築する、という意味では合コンも仕事も同じスキルなんです。

だからプライベートでもいろいろ行動しておくと、それらはすべて仕事にとってもプラスに働く。

一番ダメなのは、何も行動しないことと心得てください。

なるべく家でダラダラ過ごす時間を短くして、外に出ましょう!

20代の仕事への向き合い方 まとめ

ということで、今回は20代の方々へ向けての仕事への向き合い方について解説しました。

まとめると以下の3つ。

①思いっきり仕事に浸かってみる
②少しでも興味があればやってみる
③プライベートでも色々と行動してみる

 

本当に、20代でどんな内容の仕事を経験するか、どういうスタンスで仕事をするかが、その後の社会人人生に大きな影響を与えます。

私はいま40代前半ですが、振り返ってみて、そして周りの人たちをある程度長い年月観察して、たどり着いた結論です。

私が20代の時は、だれもこのような仕事への向き合い方を解説してくれなかった(笑)

もしいま20代もしくはそれに近い年代なら、ぜひ上記3点を意識して、仕事と向き合ってみてください。

30代、40代になったときに「このように仕事と向き合ってきてよかった」と思いますよ。

最後に、上記3つを実行するために転職する必要があるか、という質問を受けたので、回答しておきますね。

結論としては「無理に転職する必要なし」です。

今の会社で様々な経験ができるようであれば、今の会社にいるときに経験すべき。

20代はぶっちゃけ、どの会社でもいいんです。どんな試合であっても、打席に立たせてもらうことが大事。

だからあえて転職する必要はない。

20代は試合数、打席数が大事です。

数をこなし、人脈や経験値、ノウハウを蓄えること。

ただし、ブラック企業だとか、興味ある仕事をやらせてくれないとかあるのであれば転職しましょう。

以上です。