【ミドルの転職】

転職サイト20社に登録してみた結果。
本当に使える転職エージェント3選

READ MORE

30代の社会人へ 仕事への向き合いかた【年代別に解説します】

転職

30代になり、今後どのように仕事に向き合っていけばよいのだろう。

この記事では、そんな疑問にお答えします。

この記事を読むことで、今後、どのように仕事に向き合っていけばよいか、頭の中で整理ができ、明日から前向きに過ごすことができます。

ちなみに私は社会人になってちょうど20年になります。

その間、大企業や中小企業、国内大手から外資系まで一通り経験しました。

また、海外事業に携わったり、休職して大学院に通うなど、海外で働く人々の仕事への向き合い方もたくさん見てきました。

そういった経験を踏まえ、考え方や行動を変えていった結果、今の私は日々前向きに、楽しく仕事ができています。

日々、わくわくしていますよ。

最近、働き方改革とか副業とか騒がれていますが、本業の仕事に対しての向き合い方について、私の経験を踏まえて解説します。

ちなみに、いま20代の方向けの記事は↓

20代の社会人へ 仕事への向き合いかた【年代別に解説します】
今の仕事と、どう向き合っていけばよいのかわからない・・・ この記事では、そんな疑問にお答えします。 この記事を読むことで、今後、どのように仕事に向き合っていけばよいか、頭の中で整理ができ、明日から...
スポンサーリンク

30代の人生イベント

20代は独身という前提で、自由な時間やお金を何にどう使うかが、今後の社会人人生を大きく左右すると、別記事に書きました。

20代のときとは異なり、30代は色々とプライベートで、人生イベントが発生する年代になります。

プライベート面では、結婚、出産。

周りの同年代の友人も同じタイミングでそういったイベントを迎えます。

ということは徐々に、友人との距離も離れていくことになります。

20代のとき、友人や恋人と楽しい時間を過ごしていた時とは異なり、一緒に過ごす人や時間の使い道、お金を使う場所がちょっとずつ変化していきます。

まとめると、

30代は、結婚や出産など人生におけるイベントが発生。

これに伴い、これまでの人間関係が変化し、時間やお金の使いどころも変化していく。

ということです。

それらを踏まえ、30代はどう仕事と向き合っていくのがベストかを解説します。

30代 仕事への向き合い方

30代での仕事への向き合い方としてのベストな結論は、

①30代前半で転職する
②管理職を経験せよ
③どこで生きるかの見極め

です。

順番に解説します。

①30代前半で転職する

この「前半で」、というのがミソです。

30代後半で初めての転職では、遅すぎます。

新たな経験値を獲得してさらに成長するためには、30代前半のうちに転職すべき。

そうでなければ、新卒入社の会社に10年以上在籍することとなり、そこのスタンダードが自分のスタンダードとなり、後々、足かせになりますよ。成長の妨げになる。

30代前半という年代は、現在の会社にいること自体、居心地がよくなっているはず。

それは当然ですよね。

同じ会社に10年いれば、社内人脈も広がり、その会社の暗黙のルールや、どこに何があるかが手に取るようにわかる。

そして、どうすれば評価されるのかも、先輩方を観察していればわかってくる年代。

つまり、今後の自分の未来が見えるわけです。

イメージしやすくなっている。

ただし、これからの時代、今いる会社が定年までの間、ずっと安泰で居心地が良いとは限らない。

給料も上がり続けるとは限らない。

よって、どんな状況になっても働き続ける、年収アップを継続するためには、あえてそういった居心地の良さを捨てて、自分の価値をさらにアップさせるため、もう一度チャレンジしてみるべき。

特に結婚はしていても、まだ子供がいない30代前半で。

チャレンジはたとえ成功しても失敗しても、自分のこれからの人生においては必ず、プラスです。

できる仕事の幅も、人脈も知識も広がります。

収入アップが見込めます。

私自身がそうでした。

転職して初めて「これまでの環境が、如何に狭く、小さいものだったのか」を痛感しました。

まとめると、

・30代前半が、現在の会社に居心地の良さを覚えるタイミング。
・ここでもう1回成長曲線を高めるために、新たな環境に自分の身をおいてチャレンジすべき。
・このワンステップが、その後の社会人人生に大きくプラスに働きます。
・30代前半は結婚していたとしてもまだ子供もいないため、チャレンジしやすい年代。

ということですね。

②管理職を経験せよ

これまで第一線で活躍されていたと思いますが、30代のうちにマネジメントの経験を積んでおくことをおススメします。

30代であれば前半でも後半でも構いません。

会社の大小によって、マネジメント経験をできるチャンスがいつくるか変動しますので。

あまりあせらずに、ただし、そういったチャンスが訪れたら、チャレンジしてください。

で、私がなぜ管理職を経験せよ、と言っているかについて。

それは管理職が自分に合っているのか、楽しいかの判断をしてほしいからです。

30代の皆さんは、年収の継続的アップのため=自分の価値向上のために、2つの方向性のうち、どちらかを選択する必要が出てきます。

①管理職(マネジメント)として部下の育成、チーム力の最大化を狙う仕事をしていく。

②エキスパート職として専門性をさらに高めながら、これまで同様、第一線で活躍する。

念のためお伝えしますが、これはどちらがいい悪いではないです。

なぜ私が、「30代でマネジメント業務を経験」してほしいかというと、自分の適性を30代のうちに見極めてほしいから。

一度やってみて初めて「自分に合う合わない」が分かります。

もしマネジメント業務が合わない、もしくは魅力を感じない、楽しくないと分かれば、エキスパート職として腕を磨くことができる。

仮に40代になって初めて管理職を経験すると、その後の軌道修正が難しくなるからです。

何でもそうですが、なるべく早いうちに、とりあえず経験してみるってことが大事です。

まとめると

・マネジメント職をやるチャンスがあれば、とりあえず受けてみること。
・ただし、焦らなくてよい。そういったチャンスがきたときは受けること。
・30代のうちにマネジメント職、エキスパート職、どちらが楽しいのか、適正を判断しておく。

ということですね。

③どこで生きるかの見極め

20代の方々に対しては、置かれている環境が恵まれているうちに(自由な時間、お金、体力)、様々な経験値をどん欲に積むべきとお伝えしました。

一方、30代では、結婚、子供ができ、環境が変わってきます。

守るべきものも増えてきます。

よって20代で貪欲に経験したことを踏まえ、30代のうちに、どこでどう生きるかの見極めをすることが大事です。

それは環境によって異なります。

共働きで行くのか、子供は1人なのか3人なのか、どこで子育てすべきか。

親の介護など問題は無いか。

仕事面では、出張が多いのか、単身赴任の可能性は、海外勤務の可能性は、など。

仮に共働きではない場合、ある程度仕事を頑張り、出世して安定収入および収入アップを狙っていく必要がある。

また、マネジメント職として活躍するか、現場でエキスパート職として活躍するのか。

首都圏で働くのか、地方で働くのか。

子育てを海外で行い、英語教育も含めグローバルな人材にしたいのであれば、海外就職も考える。

ようはどこで生きるのかをおぼろげながら、洗い出しておくことをおススメします。

特に子供ができてからは夫婦間での会話が乏しくなるので、30代のうちに、人生観、価値観、子育て観の会話をしておくべきです。

可能ならそれをメモして残しておく。

お互いの認識の齟齬を防ぐためにも有効です。

30代の仕事への向き合い方 まとめ

ということで、今回は30代の方々へ向けての仕事への向き合い方について解説しました。

まとめると以下の3つ。

①30代前半で転職する
②管理職を経験せよ
③どこで生きるかの見極め

 

20代では、貪欲に打席に立って経験値を積んできた。

・30代の前半では、あえて転職して、更なる経験値を得るとともに、フットワークを軽くしてどこの会社でも活躍できるようにしておく

・30代のうちに、マネジメント業務を経験し、自分はマネジメント職、エキスパート職どちらに向いているのかの見極めをすべき

・そして、家族ができてからは、自分の人生として、どこで何をやって生きるのかの会話と見極めをすべき

ということです。

30代は、これまでの友人ネットワーク、同僚ネットワークが主だった20代と比べ、自分を取り巻く環境が大きく変化する年代です。

ここで守りに入らず、チャレンジする姿勢を忘れずに、行動に移すことが非常に大事です。

20代はだれでも頑張る、と考えると、30代でも、もうひと踏ん張りチャレンジできるかが、その後の人生の充実度に関わってきます。

参考になれば幸いです。

これからの時代、転職は当たり前【なぜ転職する必要があるのかを解説します】
転職に関する世の中の流れを知りたいですか?本記事では、なぜこれからの時代、転職が当たり前になるのか、なぜ自分は転職する必要があるのかを解説します。そもそもなぜ転職する必要があるのか、わからない方、しっかり考えたい方は必見です。