【ミドルの転職】

転職サイト20社に登録してみた結果。
本当に使える転職エージェント3選

READ MORE

サラリーマンをしながら起業する方法【起業して、収入の柱を複数立てよう】

副業

 

・会社って、作るの大変そう・・・

・サラリーマンをしながら起業できるのか不安・・・

 

こんな悩みを持つサラリーマンの皆さんにお答えします。

目次

①結論:驚くほど簡単に会社を作れる

②サラリーマンが会社にバレずに起業する方法

③起業した私がやっている内容3つ

 

この記事を書いている私は、サラリーマン歴、約20年

現在も、IT企業でサラリーマンをしています

昨年、会社を設立し、副業の収益はすべてそこに集約させています。

 

スポンサーリンク

結論:驚くほど簡単に会社を作れる

サラリーマンでも少しの手間で、驚くほどカンタンに起業できます。

なぜなら、会計クラウドのツールが無料で使えるからです。

 

一昔前だと、税理士や代行業者へお金を払って、会社設立のための各種書類を作成し、申請する必要がありました。

 

でも今は、サラリーマンをしながら、空いた時間を使ってカンタンに会社が作れます。

 

①会計クラウドのサイト上で、案内に従って必要項目を入力

②自然に必要書類が完成

③プリントアウト

④最寄りの法務局に持参もしくは郵送

するだけです。

 

そして、印紙税など除けば、だれでも無料で設立が可能です。

 

具体的な入力方法を知りたい方は、以下の記事を参照してください。

会社設立ではなく、個人事業主として活動したい方でもOKです。

無料でカンタンに会社を設立する方法【手続きの流れをわかりやすく解説します】
・会社を作りたいけど、どうすればよいかわからない ・なるべく費用をかけずに会社を設立したい そんな悩みにお答えします。 この記事を読めば、会社設立に必要な書類をすべて無料で作成でき、驚く...

 

 

サラリーマンが会社にバレずに起業する方法

サラリーマンをしながら起業するうえで、気になるのが会社にバレるんじゃないか、ということですよね。

最近では副業容認の会社も増えてきましたが、そうはいってもなかなか上司に言いにくいですよね。

そもそも副業がうまく軌道に乗るかも分からない状態で、申請するのはこちら側としてメリットがない。。。

 

そういう場合は、2つ方法があります。

 

①とりあえず会社を作ってみる

会社にバレるタイミングというのは、本業以外の収入が20万を超え、翌年度の住民税の額が、本業収入をもとに算出された額とかけ離れている場合です。

目安として、副業収入が年間20万円を超えそうになったら、会社への申請を考えてみてください。

それ以下であればバレようがありません。

 

②自分以外の他人を代表者にする

仮に年間20万円を超える副収入があったとしても、会社に申請するメリットが何もない。

なので、会社に申告したくない。

 

その場合、方法が1つあります。

それは「自分以外の誰かを、その法人の代表者にする」ということです。

 

実は私もそうです。

私の場合は、妻を会社の代表者として設立しました。

もし今、独身なのであれば、親とか兄弟に代表者になってもらうというのでも良いと思います。

 

そうすることで、私の名前は一切出さずにに副業を続けることができます。

副業で得た収入はすべて会社名義の口座に振り込まれる。

取引についてもすべて会社名義でやり取りする。

考えてみればそうですよね?

 

今、みなさんがサラリーマンをしている会社で、お客様や他社と取引する際、社長などの長以外の個人名で見積や請求書、契約書を作っていますか?

作っていませんよね。

つまり、「会社 対 会社」の取引なんです。

 

名前が出るとすればその代表者名のみ。

普通のサラリーマンであれば、自分がその会社の代表権を持つことはありません。

 

私の場合は、会社の代表者が妻なので、私の名前はどこにも出ない。

よって、会社にバレようがないということです。

 

ましてや税金面についても法人として納税するので、問題ありません。

 

もし、副業が軌道に乗ってサラリーマンをやめる、というときに代表者変更で自分が社長になればよいと思います。

 

参考:起業した私がやっていること 3つ

ここまで読んで、「であなたは、起業して、どんな仕事をやっているの?」と思われたかたのために、参考までに書いておきます。

 

私が起業した会社でやっている事業は、主に以下の3つです。

 

①スポットコンサル

だいたい、1時間で3万円くらいの収入で、様々な企業へのコンサルティングをやっています。

どのように顧客を開拓しているかというと、ビザスクという仲介会社からの紹介でコンサルティングをやっています。

 

月によって収入の増減はあるものの、自分の知見をお伝えして、1時間3万円はかなりのコスパではないでしょうか。

 

ぜひ、登録無料なので、登録だけでもしておくことをおススメします。

【月5万円の副業】サラリーマンがコンサルで稼ぐ方法
・初期投資など必要なく、手軽にできる副業って無いかな? ・何かこれまでの知見を活かせる副業って無いかな? そんな疑問にお答えします。 今回は「コンサル」について、私の実体験をご紹介します。 ...

 

②企業の顧問

顧問というと、なんか偉そうに感じますが、いわゆるアドバイザーですね。

いくつかの企業と顧問契約を結んで、営業的なコンサルテイングをしています。

具体的には、官公庁ビジネスの営業コンサルティングです。

 

官公庁マーケットはかなりのポテンシャルがあるマーケットで、好不況の波に左右されず、一定して受注が見込めるマーケットです。

それにもかかわらず、そこに参入している会社はまだまだ少ないです。

 

よって、官公庁ビジネスを拡大していきたい企業に対して、

・どのように参入すべきか

・どのように売上を上げるか

そういった具体的な手法について、アドバイスする。

 

その会社の顧問となって、毎月コンサルティングを行う代わりに、報酬をいただいています。

 

③不動産事業

もともと持っていたマンションを会社保有のものとして、それを他者へ貸し出す事業です。

利益はあまりありませんが、様々な費用を会社経費として処理することができるため、主に税金対策でやってます。

 

サラリーマンをしながら起業する方法 まとめ

以上、サラリーマンが起業する方法をお伝えしました。

 

サラリーマンが会社を作るハードルは、かなり低くなっているということ。

ほぼ無料で会社設立ができる時代になっていることをお伝えしました。

 

起業の仕方の詳細は、以下の記事を参考に会社設立してみてください。

個人事業主でもOKです。

無料でカンタンに会社を設立する方法【手続きの流れをわかりやすく解説します】
・会社を作りたいけど、どうすればよいかわからない ・なるべく費用をかけずに会社を設立したい そんな悩みにお答えします。 この記事を読めば、会社設立に必要な書類をすべて無料で作成でき、驚く...

 

また、サラリーマンが会社にバレずに起業する方法として、一定以下の収益であればあまり気にせずに、まずは会社を作ってみること。

 

もしくは、自分以外の第三者に代表者になってもらって、起業することをおススメしました。

 

最後に、参考までに私がどんな事業をしているか。

①スポットコンサル

②企業顧問

③不動産業

の3つをお伝えしました。

 

いずれにせよ、現在は会社を作るってかなり楽になっています。

それは実際に私が起業してみて感じたことです。

 

なので、考えるよりもまずは器となる会社を設立し、行動に移してみることをおススメします。

これこそが、「本業以外の第二の収益源を構築する第一歩」となります。