【ミドルの転職】

転職サイト20社に登録してみた結果。
本当に使える転職エージェント3選

READ MORE

【リスクを抑えた新しい資産運用】クラウドバンクで実際に1年間運用してみた結果

副業

 

・銀行に寝かせている普通預金を、手軽に確実に増やしたい

・でも、株やFXはハイリスクに感じていて行動に移せない

・クラウドバンクって、ぶっちゃけどうなの?

 

こんな思いをもつ方々に向けて、この記事を書きますね。

✅目次

1.クラウドバンクってなに?

2.実際に1年間運用してみた結果は?

3.クラウドバンクでの資産運用は、本当に大丈夫なのか?

4.みんなどれくらいクラウドバンクで運用しているのか?

5.これらを踏まえて私の運用戦略は?

 

私は昨年(2019年10月)から、元金1,000,000円で実際にクラウドバンクで資産運用してみました。

そのほか、FXや株式投資など一通りの資産運用を経験しています。

なので客観的に、相対的に、このクラウドバンクでの資産運用方法について意見できます。

スポンサーリンク

クラウドバンクってなに?

クラウドバンクとは、「サイト上で募集している様々なファンドから、気に入ったものを選んで、プロが行う融資による資産運用に参加できるサービス」です。

クラウドファンディングっていう言葉がありますが、それの企業向け融資版ってイメージですね。

日本クラウド証券という会社が、2013年からサービスを開始しています。

クラウドバンクで資産運用

私のような個人の投資家から少額ずつ集めて、それをまとめて色々なプロジェクトに融資する。

融資の際にはもちろん利息を付けて貸付するので、その利息分も含め、あとで個人に還元される仕組みです。

クラウドバンクとしての取り分は貸付先からの利息の一部なので、我々投資家から手数料はとらないビジネスモデルです。

 

どんなプロジェクトがあるのかといえば、こんなかんじ。

色んなファンドがあるので、その内容や利回り、運用期間をみて自分で選択できる。

平均利回りは年利6~7%くらいなので、もし確実にこれくらいの利率が稼げるのであれば悪くないですよね?

 

クラウドバンクで実際に運用してみた結果

私は昨年(2019年)の10月から、元金1,000,000円で運用開始しました。

ただし、コロナが流行した2020年2月~6月までは投資を控えていたので、実質6か月くらいの運用になります。

その実績がこちらです。

今も運用中ではありますが、元金「1,000,000円」が、約6か月で「1,037,112円」ですね。

詳細は以下の通り。

まず2019年10月に1つのプロジェクトに融資参加しました。

次に2020年。

2019年に融資したプロジェクトが2月に終了。

コロナが流行ってきたころだったので、再投資(再融資)せずに様子見。

そして、6月に再度、他のプロジェクトへ融資って感じです。

右下を見てもらえればわかる通り、実績値として、年率換算だと、年利回りは「6.34%」ですね。

以上が1年弱運用した結果です。

 

クラウドバンクでの資産運用は、本当に大丈夫なのか?

ここまで見てみると、なんかよさそうな資産運用の手法と思いますよね?

でも逆に怪しい。

本当にリスクはないのか。

 

一番気になるのは、元本割れのリスクですよね?

クラウドバンクの資産運用は元本保証ではないです。

なので「本当に回収できるの?」ってことが大事ですよね。

元本割れは、融資先のプロジェクトがうまくいかず破綻してしまうと発生する。

そしてもし、万が一破綻しても、きちんと元金を回収できる担保の確保がしっかりされているかが大事。

これについては、ホームページに書いてありました。

運用額以上の担保等評価額をプロジェクトごとに設定している、とのこと。

ほー、そうなんだね(まあお金を貸すんだから、当たり前と言えば当たり前ですが)。

一安心。

 

で、もう1つ。

これが、私がクラウドバンクを始めるきっかけとなった事実(ファクト)。

「融資元本回収率100%」という確固たる実績ですね!

 

私はこれがクラウドバンクを始める後押しになりました。

これまで1,000億円以上の融資をしてきて、元本回収できなかったことが、一度もなかったということ

地味にスゴクないですか?

ということで、まずは100万で運用してみよう、と背中を押してくれた事実です。

自分のお金を預けるのですから、実際の運用実績って大事なポイントですよね。

みんなどれくらいの金額を運用しているのか?

実際にクラウドバンクで資産運用しているほかの人たちは、どれくらいの金額で運用しているのか。

 

2020年2月のデータが、以前紹介した自分の別記事に残っていたので、あらためて見てみました。

それがこれ。

だいたい今から半年前は、融資総額が「826億円」。

 

これが最新データだと「1103億円」。

 

順調に融資額は伸びてますね。

 

実質の平均利回りについては、

当時は「6.99%」。

今回は「7.09%」。

こちらは微増ですね。

まあ、融資型のクラファンではこれくらいが限界かな。

むしろ上昇しているのがすごい。

で、当時のデータと比較して一番驚いたのが、各個人のクラウドバンクでの運用額の推移です。

まず「2019年6月」の時点。

最多層は「100~299万円」。

まあそれくらいかなと。

私もそうだしな。

 

で、次に「2020年3月」の時点。

1年前と比較して、各人の運用額が大幅にアップしてる!

実に50%以上の方々が、このクラウドバンクで1,000万円以上の運用をしている!

まあ、最初は様子見で小額投資から始めて、その後、実績をふまえて徐々に投資額を増やしてきたということですね。

その気持ちわかる。

これらを踏まえて私の運用戦略 まとめ

まとめます。

実際に運用してみて感じたこと。

①期待通りの利回りが得られた。

②あいかわらず融資元本回収率100%という圧倒的な安心感。

③手間がかからず本当にラク。

 

よって、結論、運用してみた実績を踏まえて、投資額を倍増させます。

つまり、100万円→「200万円」です。

でもほかの方々のような、1,000万円超のお金は預けません。

理由は、まあ、そこまで余裕資金がないということと、全額をクラウドバンクに投資というよりも、やはり分散投資で資産運用したい。

1つの資産運用にかたよると、万が一のときに資産減少のリスクがあるからです。

よって、別記事に書いたウェルスナビのような中長期投資と組み合わせながら、資産を形成していく方針です。

 

クラウドバンクは、株やFXと比較すると、ローリスクミドルリターンの短期投資

プロジェクトごとに、元金含め償還(返却)されるのも良い点ですよね。

安心感があります。

6か月~24か月くらいまでのプロジェクトがありますが、私は今後も、1年未満のプロジェクトのみに絞り、再投資を繰り返していきます。

そんな感じです。

 

もし皆さんも興味があれば、クラウドバンク始めてみてはいかがでしょうか。

ただし、まずは少額から余裕資金で始めてみることをおススメします。

1万円から始められますよ。

クラウドバンクで資産運用

別途、200万円の元本が運用の結果どうなったのか記事に書きますね。

それではまた。