【ミドルの転職】

転職サイト20社に登録してみた結果。
本当に使える転職エージェント3選

READ MORE

転職すべきか迷うときにやるべきたった1つのこと【これをやってから判断しよう】

転職

今、転職することを考えてますか?

この記事で紹介する『たった1つのこと』をまずは実践することをお勧めします。

なぜなら、私は新卒入社の会社に15年在籍後、2回転職を経験しており、痛感していることだからです。

この記事では、転職経験をもつ私が、転職を成功させるために必ず必要なたった1つのことについて、ご紹介します。

記事を読み終えると、本当に転職すべきかどうかの判断をすることができます。

 

スポンサーリンク

初めての転職を検討する前に

あなたはなぜ、現在の会社を辞めたいと思っていますか?

一時的な感情に流されず、ちょっと時間をおいて改めて頭の中を整理してみましょう。

なぜ辞めたいのか。

会社を辞める=転職する、ということはそれなりにリスクをとることになります。

そのリスクをとってでも転職をする目的を、明確にしておかないと、勢いだけではあとで後悔する確率が高いからです。

例えば、仮に上司との関係性がうまくいっておらず、「その上司の下で働くなんて嫌だ!」という理由の場合、もし来月他部署への異動を命ぜられたときはどうしますか?

「上司が嫌だ」という理由の場合、これは解決されると思います。

であれば、転職活動よりも、一刻も早く異動させてもらえるよう、会社の幹部層にその意思を伝えるなど、すべきです。

周りの転職した人たち、もしくは転職したいという人たちと会話していると、目的と手段が合致していないケースがあります

勢いで転職してしまった人たちは、だいたい半分以上は一時的にでも後悔の念に駆られています(かくいう私も当時はそんな感じでした・・・)。

なので、転職活動を開始する前に、そもそもなぜ、転職するかを冷静に考えてみましょう、整理してみましょう!

 

転職すべきか迷うときにやるべき、たった1つのこと

転職の目的をはっきりさせる

ということで、最初のほうにも書きましたが、「転職の目的をはっきりさせる」ことです。

なぜなら、毎日の半分以上の時間を費やす職場、仕事なので、会社を変えるという判断は、感情に流されたり、勢いですべきものではありません。

いったん落ち着いて、「そもそもなぜ転職したいのか」という目的を整理してみましょう。

そもそも、なぜ自分は転職したいのかを書き出してみることをお勧めします。

1つに絞らなくてもいいです。

むしろ、色々と出てくると思います。

私もそうでした。

私の場合は、

①給与面(将来も含めた見通し)
②会社の安定性
③やりがい(やりたいことができる会社か)
④ワークライフバランス
⑤通勤時間

という感じでした。

このように書き出してみて、優先順位を付けました。

これらの項目に対して、その時の職場に対して不満、不安を持っていました。

・それらが転職によってそもそも払しょくされるのか
・現在の職場では満たされないのか
・満たしてくれそうな会社があるのか

という観点で活動していきました。

のちのち転職活動していくなかで、当時の会社も含め、比較できるように表形式にして、

上記の項目ごとに〇×△を記載したり、数値化したりして、転職するかどうか、転職するとしたらどの会社がいいかを比較して判断しました。

なので、転職を成功させるためにも、

まずは「そもそもなぜ転職したいのか、目的をはっきりさせる」ことをおすすめします。

ここで書いたことは、今後、転職活動していく中で、重要な指針になります。

ここでしっかり目的を設定しておくことで、ぶれずに後悔の無い転職を実現できます

転職活動をしてみて、結果的に転職せずに今の会社に居残るという選択しても全く問題は無いです。

ようは、転職エージェントや周りの雰囲気に惑わされずに、転職するかどうかを決めてほしい、ということです。

そのために、転職活動を始める前までに、目的を明確化しておくことが重要なのです。

 

ではいよいよ、転職活動の開始です!

開始するにあたっては、以下の記事を参考にしてください。

初めての転職 4つの始め方【それぞれのメリット・デメリットを解説します】

以上、参考になれば幸いです。