【ミドルの転職】

転職サイト20社に登録してみた結果。
本当に使える転職エージェント3選

READ MORE

【株式投資の始め方】銘柄選びのコツ この3つの基準で選ぶべき

資産運用

皆さんは、株式投資をやっていますか?

株を買うときって、どういう指標で購入銘柄を決めていますか?

感覚で決めていませんか?

 

この記事で紹介する『必ずチェックすべき3つのこと』を実践すると、利益が上がりやすい銘柄を見つけることができます。

なぜなら、僕も実践して、この4年間の実績値は年間利回り20%超だからです。

元金100万円であれば1年で120万円超になるということです。

この記事では、株式銘柄を選定するうえでポイントになる3つ紹介して、利回りを得る確率を上げる方法を解説します。

記事を読み終えると、これまで感覚で銘柄を選定したことをやめることができ、今後、高確率で上昇銘柄を適切なタイミングで購入することができます。

スポンサーリンク

銘柄選定の基準は、この3つ!

株を買うときは、まず「どの銘柄をどれくらい購入すべきか」を考えますよね。

 

【まだネット証券に口座開設していない方は、↓から開設してください。】

Tポイントで始められる投資【SBIネオモバイル証券】であれば少額から売買可能だし、Tポイントでの投資もできますよ。

 

銘柄選定のときの基準は、以下の3つです。

 

①PER
②業績
③株価の傾向

 

では1つずつ説明していきますね!

 

①PER:10倍以下のものを選定する。

PERとは株価収益率で「株価÷1株益」のこと。

この数値が低ければ低いほど、株価は割安ということになります。

 

業種にもよりますが、15倍が平均値と考えてください。

よって、割安<15倍<割高となります。

まずは、15倍以下の銘柄を選択しましょう。

ただし、業界ごとの平均PERが存在するので、それより高いか低いかを参考にしてもOKです。

気になるかたは、JPX(日本取引所グループ)ホームページ
「規模別・業種別PER・PBR(連結・単体)一覧」を参照してみてください。

https://www.jpx.co.jp/markets/statistics-equities/misc/04.html

 

私の場合はPER10倍以下の銘柄に絞って投資しています。

あくまで確率論ですが、現在の株価が割安の銘柄のほうが、上昇する可能性は高いですよね。

 

②業績:売上、営業利益が右肩上がりの銘柄を選定する。

昨年度、今年度、来年度の3カ年において、「売上高」「営業利益」の2つの数値が上昇しているのか確認しましょう。

ネット証券のサイトから、各銘柄の四季報、財務状況のタグから参照できます。

上振れ傾向にあるのか、持続性はあるのかについて把握しましょう。

ここで1つ疑問に思うのが、なぜ営業利益なのか、ですよね。経常利益や純利益の数値もあるけど、なぜに営業利益?

それについてですが、営業利益は「本業でのもうけ」を表す数値です。

仮に飲食業の会社があったとします。

本業の飲食店経営のほかに不動産も持っていて、仮にそこでの収益も合算してしまうと、本業での好不況は把握できませんよね。

営業利益はそういった副収入を合算する前の数値なので、本業の数値を正確に把握することができます。

だから営業利益を、その会社を図る指標の1つとしてください。

③株価トレンド:上昇傾向(チャートの形が良い)の銘柄を選定する。

最後に、株価の傾向をみましょう。

大体、3か月や6か月の期間における株価の推移を確認しましょう。

これもネット証券のサイトから確認できます。

 

仮にPER、業績のどちらも基準を満たしている銘柄だとしても、株価のトレンドが上向きのタイミングでなければ買うのは避けるべきです。

そのときは、買わずに様子見をしてください。

なぜなら、例えば相場全体が右肩下がりであれば、どれだけ好業績の会社だとしても、その株価も引きずられてマイナスの動きになります。

下げ止まって、その後、上げ傾向になったときが買いタイミングなので、それまで様子見すべきです。

 

以上3点が、銘柄を選定するときに最低限、必須の基準になります。

参考:定性面での判断基準

これまで、業績など定量面(数値面)での分析の仕方を書きました。

最後に、定性面での判断基準も書いておきますね。

おおまかに言うと、以下の3つです。

 

①その会社の製品、サービスは社会的な需要がどれくらいあるのか(売り上げ拡大余地)
②出店余地はどれくらいあるのか(売り上げ拡大余地)
③自分にとっての分かりやすさ(会社の業務内容)

この3つも大事な判断基準なので、参考にしましょう。

やはり、自分も知っている、もしくは製品を実際に使っている会社のほうが良いです。

今後、業績が伸びるかの判断もしやすいので、そういった観点も大事にしてください。

私もなるべく、業界自体知らない銘柄は買うのを控えています。

ベストは、本業が属している同業界の銘柄から見つけるとか取引先からピックアップするとかですね。

なぜなら、日々仕事をしていく中で付き合いのある会社であれば、自然とその企業の情報を耳にすることができ、好不況の波をいち早くキャッチできるからです。

まとめ

以上、株式投資で銘柄を選定する際の、押さえる3つのポイントについて解説しました!

①PER:10倍以下のものを選定する。
②業績:売上、営業利益が右肩上がりの銘柄を選定する。
③株価トレンド:上昇傾向(チャートの形が良い)の銘柄を選定する。

補足ですが、このいずれかの基準を満たしていれば良い、ということではないですよ。

「and条件」です(笑)

なので、順番としてはまず、

①自分が普段生活している中で、もしくは仕事している中で、「この会社って魅力的だな。伸びていきそうな会社だな」というアンテナを高くしておく。

②その会社の情報を上記3つの基準でチェックしてみる。

③いずれも当てはまる会社であれば、買う。

っていう流れがいいかと思います。

ということで、今回は株式投資の基礎の部分、「どうやって買う銘柄を選定するか」について解説しました!

参考になれば幸いです。

まだ口座開設していないというかたはこちらから↓

Tポイントで始められる投資【SBIネオモバイル証券】