【ミドルの転職】

転職サイト20社に登録してみた結果。
本当に使える転職エージェント3選

READ MORE

収入アップの方法【必要なたった1つのこと】

副業

皆さんは収入をアップさせたいですか?

収入アップで良いことはたくさんあります。

金銭的自由を得ることができて、やれることも増える。

それに精神的な余裕も出てくる。

なので、大半の方々が収入をアップさせたい、と思っているのではないでしょうか。

私は転職や副業を通じて、有難いことに年収が数百万円単位でアップしているのですが、今だからわかることがあります。

それは、ただ1つ。

「自分しかできないこと」にフォーカスして、それを周囲にアピールすることと、実際にそれだけをやり続けたからです。

もうそれだけです。

とはいっても、20代の方や30代前半の方にとっては「自分しかできないこと」って無いよ!という意見も多いと思います。

そんな方たちのために、この記事では、私の経験に基づいて、見つけ方や、身に付ける方法について解説したいと思います。

 

スポンサーリンク

収入アップの方法①:自己分析をしよう

まずは現時点での自分の強みや自分しかできなさそうなことが無いか、洗い出してみましょう

そんなものない、と思ってませんか。

「自分の周りにも、少なくとも複数人は同じスキルや知識を持っている人がいる」と。

そうですよね、その通りです。

でもここで私が言いたいのは、「世界で自分しかできないこと、知らないこと」を洗い出してくれ、と言っているわけではありません。

今の自分が置かれた環境、会社で同じようなスキルセットを持っている人が複数人いるかもしれませんが、「仮にそれを他社に持って行った場合、オンリーワンになれる可能性がありますよ」ということです。

実際に私の経験をお伝えします。

私は会社を変えることで、その会社内における「オンリーワン」になっています

前職では、同じ部署内に同じような経験、知識、ノウハウを有している人は複数人いました。

なので、それが私の強みだとは認識できなかった。

だって、同じ会社内の同じ部署内に、同じようなスキルセットを持っている人がたくさんいるんですもん。

でもそのスキルセットが、社外に出ると途端に輝きを増す。

その会社にとっては、自分と同じようなスキルセットを有している人がいない。

なので、私はその会社で「オンリーワン」の存在となれました。

おかげで、給与交渉でも優位にすすめることができたし、それを最大限高く買ってくれる会社に転職しました

私自身の知識、経験、スキルセットのレベルは何も変わっていない。変わったのは会社という器だけ。

それだけでオンリーワンになれるんです。

この経験から、「その会社の常識がイコール、世間の常識とは限らない。まずは自分の強みを冷静に洗い出してみよう」ということを強く推奨します。

このためには自己分析が重要なのですが、その順番も重要です。

順番は、

①自分のこれまでの経歴、経験、業種、顧客の業界を書き出してみる。
②その中で他社でも必要としていそうな、特別なものがあるかピックアップする。
③それを職務経歴書に落とし込む。

この②で言う、特別なものとは、「ニッチな経験とかノウハウ」ですね。

特定業界における知識があるとか、それだけではなくそこで営業をやっていたとか、その業界の事業戦略を立案したとか、人脈が豊富だとか。

それをある程度、明確にした後に職務経歴書に落とし込む。

もし、それでも良くわからない、ということであれば、一番手っ取り早いのは、転職エージェントにその内容を見せて、強みや自分にしかできないことを洗い出してもらう。

私も最初の転職時に、自分自身ではわからなかったので、エージェントのキャリアカウンセリングを受けて、徐々に明確になっていきましたよ。

無料なので、是非やってみるべし。

どこのエージェントが良いかは別記事にまとめてますので、参照してみてください。

【ミドルの転職】転職サイト20社に登録してみた結果。使えるエージェント ベスト3
突然ですが、皆さんはいま何歳ですか? 私は30代後半から転職をしたいと考え始め、40歳で初めての転職をしました。 いわゆるミドルでの転職ですね。 初めての転職としては遅いかなと不安でしたが、...

転職は考えてはいないが、とりあえず自己分析したい、ということであればDODAがおすすめです。

ここで、エージェントの力を借りながら、自分しかできないこと、自分の強みがオンリーワンになれそうな会社をあぶりだしてもらって、自分を高く売り込みましょう!

会社内でオンリーワンになるって、結構居心地もよいし、やりがいもありますよ。

「~の分野ならまずA君に聞け」ってなるので、頼られる喜びもあり。

それが結果として、自分の評価や年収アップにつながってきます。

 

収入アップの方法②:強みを身に付けよう

もしまだ経験が浅く、「自分しかできないこと」が見つからない、もしくは自信がない、という場合。

これからでも遅くないので、スキルセットを身に付けるべきです。

特にまだ35歳以下というかたであれば、更にそのチャレンジのし甲斐はある。

そして、これからの時代は以下の2つのスキルセット、知識があると年収アップに直結します

世の中の需要と現時点における供給とのギャップがあるのは、ズバリ以下の2つです。

①プログラミングスキル
②英語力

このどちらか、もしくは両方を持っていれば、少なくとも転職に困ることはない。

そこで経験値を積み上げていけばオンリーワンになれる武器を手に入れることができる。

私は職業柄、最新の求人動向やIT業界の流れに敏感ですが、この2つを身に付けていれば鬼に金棒です。

今からでも遅くないので、スキルを磨くべきです。

私は今40代前半ですが、もし今35歳以下であれば、間違いなくこの2つの力を強化しますね。

 

プログラミングスキルを強みにする

もしプログラミングスキルを身に付けたいのであれば、以下のエンジニア養成スクールに3か月通うべきです。

やはりスクールに入って集中的に学ぶのが手っ取り早いです。

そして実地経験を積んでいく。

おすすめのスクールについては、評判が良いテックエキスパートですね。

ホリエモンも絶賛しているスクールです。

まずは気軽に無料カウンセリングを受けてみてはいかがでしょうか

いずれにせよ、エンジニアスキルは今後、副業していくうえでも大事な武器になりますし、これからの世の中はますますITで支配されます。

なので、自分が直接プログラミングするのではなくとも、知識としてあるとビジネスアイデアが広がりますよ!

身に付けておくと収入アップに直結できるスキルセットです。

 

では、次の英語力について。

英語力を強みにする

英語は得意ですか?

学生時代、英語を頑張ってTOEICの点数が高いという人もいるかもしれません。

でも実は、仕事で使う英語と、学生時代に旅行とかで使っていた英語とはかなり違います。

私も以前、海外事業を担当していた関係で、英語を使っていたのですが、TOEICの点数が高いからと言って仕事で問題なく使えるとは全く言えません。

やはりビジネス英会話はしっかりと勉強しておくべきです。

TOEICを勉強すれば、ビジネスシーンにおける必要な単語力は身に付くと思います。

でもそれを言葉に出す、メールで文章にまとめる、となるとやはりそれなりに学習する必要があります。

逆に言えば、TOEICの点数が高いだけで満足しているビジネスパーソンが多いので、実戦で使える英語力を身に付けると、希少性が増して年収アップが見込めますよ。

なので、社内でも重宝される存在になると思います。頼られます。

ではどのように短期間で身に付けるか。

やはり短期集中で、スクールに通うのが良いです。

でもそんな通う時間なんて取れない、というかた。

オンラインスクールという手があります。

私も色々とスクールやオンライン会話を受講してみた結果、おすすめは、【BizEnglish(ビズイングリッシュ)】
です。

専属のトレーナーもついて、本当に使えるビジネス英会話力を身に付けることができます。

まずは無料体験をしてみることをお勧めします。

講師の方々はきれいな英語を話すので、私は有難かったですね。

最後のほうは、本当に仕事で使う文書を添削してもらったりしてました(笑)

このようにTOEIC対策ではなく、本当に使えるビジネス英会話力を身に付けることで、オンリーワンの人材に近づくことができます。

英語ができる、話せるということで、仕事ができそうに思いますよね。

まだまだ日本の会社では本当の英会話力を持っている人は少ないですので、今がチャンスです!

 

収入アップの方法 まとめ

私の経験上、そして周りの社会人をたくさん見た結果、収入アップさせるには

「自分しかできないこと」にフォーカスして、それを周囲にアピールすることと、実際にそれだけをやり続けること。

これに行き着きました。

30代後半になったら、逆に何でもかんでも手を出さないで、自分の売りとなる部分を研ぎ澄ます。

この価値が増大すればするほど、オンリーワンになって希少価値が高まり、結果として年収アップが実現できます。

その前段階として、「自己分析」が大事だと書きました。

何が自分のオンリーワンなのか、どこが売りの部分なのか。

これについては下記の手順で書き出してみること。

①自分のこれまでの経歴、経験、業種、顧客の業界を書き出してみる。
②その中で他社でも必要としている、特別なものがあるかピックアップする。
③それを職務経歴書に落とし込む。

それでも売りの部分が不明確であれば、一番手っ取り早いのは、転職エージェントのカウンセリングを受けてみること

それであぶりだした、自分しかできないことを武器にアピールしていく。

 

次に、もしまだ経験が浅く、「自分しかできないこと」が見つからない、もしくは自信がない、という場合、について書きました。

ずばり「強みを身に付ける」

これからの時代、需要がますます高まるのは、以下の2つのスキル。

①プログラミングスキル
②英語力
そしてこれを身に付けるには、スクールに入るのが手っ取り早い。

そのうえで、経験値を積み上げる。

これまでの経験値に、こういった新たなスキルの経験値を掛け合わせることで、オンリーワンの人材になれます。

もし経験が浅い、自信がない、という場合は、短期集中で、腹を決めて「強みを身に付ける」努力をすることをお勧めします!

 

少しでも参考になれば幸いです。

 

今を生きる。